清心温泉マスカットスタジアム劇場

0

    さて、前日に予告したとおり、本日17日の私は倉敷マスカット球場へ。

     

    小学校の頃から清心温泉に通い続けた少年が、ついに高校3年生になり、

     

    甲子園出場を目指して「最後の夏」に挑むわけですから、応援に行ってきました。

     

     

    私は保護者ではありませんが、近鉄帽子をかぶって岡山工業ベンチ上に陣取り、

     

    グランド熱視線を送ってました。そこに背番号15をつけた彼(下記写真)が現れ、

     

    久しぶりに再会することができましたが、彼は嫌な顔はしませんでしたよ!(笑)

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    今年は最初から、彼が在籍している岡山工業高校応援してきましたが、

     

    今後の日程を見ると、私が思いっきり応援できるのはこの17日しかなく、

     

    私の次男も会社を休んで、自宅から電車に乗ってマスカット球場に現れました。

     

     

    さて、この日の対戦相手岡山操山高校。ここで全くの余談になりますが、

     

    私の母親操山高校卒業であり、一方で父親岡山関西高校卒業です。

     

    つまり、我が二宮家は昔から「操山高校VS関西高校」という構図でした(笑)

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    さて、試合4回までお互いに無得点で進み、操山高校先発左腕好投

     

    野球に関して、全くの素人である私ですが、隣にいる次男に言いました。

     

    「こういう投手に対しては、各打者が逆方向に打っていくべき」と。

     

     

    すると試合途中岡工攻撃前監督(下記写真右)から同様指示が出ました。

     

    その効果があったかどうかはわかりませんが、この後、岡山工業打線爆発

     

    ずっと一塁ランナーコーチを務めていた彼(下記写真左)も、大忙しでした(笑)

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    さて、イニングの合間、売店アクエリアスバターロールパンを買った私。

     

    すると別の売店で次男が、ポテトフライ大人の飲み物購入してたような…?

     

    4カ月前まで同じ高校生であり、18歳未成年が、まさかビールを買ったのでは?

     

     

    まさに岡山工業ベンチ真上(下記写真)で応援していた、我々親子ですが、

     

    この後も次男だけが定期的売店に向かい、かなりハイテンションになってました…?

     

    本人は「飲酒はしてない!」否定してましたが、明らかに何かにってました!

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    最後には岡山工業ベンチ真上から、まるで監督のように指示を出していた次男。

     

    他の選手から見れば「あいつ誰だ?」ということでしょうが、次男もそれなりに、

     

    「仕事のストレス」発散できたのではないか?(笑)それほどの快勝でありました!

     

     

    それにしても、これも清心温泉という銭湯から生まれた人間関係でありまして、

     

    全焼火災の後も、こうした清心温泉劇場が続いていることを「誇り」に思いますし、

     

    何となくこの先も、この清心温泉劇場は続いていくような予感がします。

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    私も生まれて初めてベンチ真上から野球観戦しましたが、かなり感情移入しますし、

     

    試合後安堵感もありました。そして今日の試合を通じて、常連客だった彼(下記写真)の、

     

    仲間への「優しさ」再確認できたことも、私には大収穫でありました。

     

     

    に帰れば、今夜も私の夕食カップラーメンでしたが、先ほど珍しく自宅で、

     

    祝杯缶ビールを、一本だけ飲ませていただきました。苦しくないね〜!(笑)

     

     

    とりあえず1回戦突破した岡山工業高校ですが、ここで私から皆様方へ、

     

    今年の岡山県大会では「岡工旋風」が吹き荒れることを予告しておきますので!

     

     

    2019岡工vs操山

     

     

    さて私は2012年7月29日清心温泉再開させましたが、あれから7年

     

    今月末には同じ場所「清心温泉コインパーキング」オープンするそうで、

     

    間違っても駐車場宣伝をする気はありませんが、みんなで利用してください!(笑)

     

     

    私は今回も、それに合わせて東京岩手県に逃げる予定になっておりまして、

     

    どこまでも駐車場経営とは無関係であろうと思います。ワクワクしませんからね(笑)

     

    それより今後も、次男と一緒に「旅先銭湯」実践していこうと思います!

     

     

    岡山駅前商店街復興イベント反省会

     

     

    ここで本日も銭湯本「旅先銭湯」の、著者言葉引用させてください。

     

     

    昨年11/26(イイフロの日)に出た前作 『旅先銭湯』 に続き、

     

    今年4/26(ヨイフロの日)に 『旅先銭湯2が発売となりました。

     

    とにかく地方の銭湯がすごい勢いでなくなるので、

     

    なんかもう必死になって作っています!ぜひお読みください。

     

    A5判、80頁、オールカラー、本体1200円+税です。

     

     

    本書は全国の主要書店に薄〜く配本されていますが、

     

    東京の下記書店には比較的まとまった部数が入っています。

     

    【神田】三省堂本店 

    【池袋】ジュンク堂池袋店、三省堂池袋本店 

    【渋谷】MARUZEN&ジュンク堂

    【吉祥寺】ジュンク堂吉祥寺店 

     

     

     また、下記の銭湯でも番台で販売していただいております。

    銭湯で買えば消費税分サービス!

    http://www.sairosha.com/hon/tabisakisento.htm#kaeru  

     

     

    よろしくお願いいたします。 秋には 『3』 も出す予定です!

     

     

    小島よしおさん来店

     

     

    「レトロ銭湯へようこそ西日本版・清心温泉特集号」

    https://www.amazon.co.jp/dp/4864032440/

     

    岡山県中学生弁論大会最優秀賞「銭湯から伝えたいメッセージ」

    https://www.youtube.com/watch?v=E2a11B59pOQ&feature=youtu.be

     

    「ALL清心温泉2012〜2018」

    https://www.youtube.com/watch?v=j_sNiwppick&feature=youtu.be

     

    清心温泉復活応援ソング「We are 清心温泉」

    http://www.youtube.com/watch?v=-2ETFtTYIwI

     

    感動的写真満載!清心温泉Instagram
    https://www.instagram.com/p/BhOUnGlD6Cc/

     

    岡山県の若者が称賛した「番頭の2014年10大ニュース」
    http://seishinonsen.jugem.jp/?month=201412

     

    「岡山県の激渋銭湯」
    http://www.sairosha.com/meisento/okayama.htm

     

    神戸芦原温泉ブログ

    https://ameblo.jp/kobe-ashihara-onsen/


     

    女湯でのホームパーティー


     

    5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

    清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

     

    岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
    岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
    タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
    夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

    探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
    ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

    なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
    時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
    プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
    宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
    スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

    寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

    KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
    岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
    とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
    玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

    広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
    杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
    リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
    旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
    泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

    小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

    京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

     


    第1回清心温泉合同キャンプ

    0

      2019年 夏

       

      清心温泉の全焼火災から1年8カ月、情熱の間の解体から5カ月、

       

      あの西日本豪雨災害から ちょうど一年…

       

       

      ひとりの男が を懸けて 本当の仲間たちと創り上げた「命の祭典」

       

      その日 10人が 奇跡を 目撃した

       

      これは もはや キャンプではない

       

      https://www.youtube.com/watch?v=3ePZwi4c0GA

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      というわけで、西日本豪雨災害から1年経過した7月6日、私が開催した、

       

      記念すべき第1回清心温泉合同キャンプについてお伝えします。

       

      私がそれを決断したのは6日の昼でありました。私の発想は常に直感的であります!

       

       

      前日5日の私は岡山ぎょうざ祭り参加しましたが、予想以上群衆でありまして、

       

      結局、ぎょうざ1個だけにして立ち去った私は、表町中華料理店に行きました。

       

      店内ぎょうざ全種類注文し、そこから本当のぎょうざ祭り開始しました(笑)

       

       

      第1回岡山ぎょうざ祭

       

       

      その後は、私が18歳の時にアルバイトしていた表町焼肉「食道園」を訪ね、

       

      マスターさん達と、久しぶりの対面を果たし、思い出話もさせていただきました。

       

      この後、老舗ラーメン店に行き、そこから代行を呼んで自宅のある玉島に帰りました。

       

       

      実は翌6日から、次男がラグビー部時代仲間(下記写真)と大阪に遊びに行くと聞き、

       

      私も大阪同行する予定になってましたが、私が帰宅したのは午前4時でありました…

       

      私は大阪に行く資金くし、そのまままで爆睡し、大阪には行きませんでした(泣)

       

       

      大阪旅行2019

       

       

      そして6日の午後から、私は清心温泉の常連客に、電話をかけまくったわけです。

       

      すでに「過去の人」でしかない私が、いきなり岡山市内の常連客らにをかけて、

       

      「今から玉島に遊びに来て!」と言って、一体誰が相手にしてしてくれるか?

       

       

      別に自分の影響力求心力を試しているわけではなく、私は常に突発的なのです!

       

      電話をかけた相手は、皆さん「えっ!いきなり今日?すぎる!」困惑(笑)

       

      私はいつでも計画的企画いで、台本のないドキュメントが好きなんです!

       

       

      2017クリスマスイブ

       

       

      まず私がをかけたのは、かつて情熱の間リフォームしてくれた彼(上記写真左)と、

       

      同じく情熱の間リフォーム協力してくれた清心温泉第一相談役(上記写真右)。

       

      はっきり言って、彼ら二人が来なければ第1回清心温泉合同キャンプ無意味です。

       

       

      そして2017年11月3日、清心温泉全焼火災になるわけですが、この非常事態に、

       

      偶然にも自転車現場にやってきて、その後、火災現場冷静対処してくれたのが、

       

      これまた常連客だった大学院生(下記写真右)であり、もちろん彼にもをかけました。

       

       

      大阪からの女性客

       

       

      こうして、午後4時には3名の常連客が玉島まで来ていただき、一緒に買い物に出ました。

       

      男四人「本当のぎょうざ祭りをやる!」と言いながら買い物をするのも楽しい!

       

       

      そして記念すべき第1回清心温泉合同キャンプということで、ここで私は、

       

      地元玉島小学校教諭をしている常連客の女性(下記写真)のことを思い浮かべ…

       

       

      電話番号は知っていても、過去にこちら側から電話をかけた記憶もないのですが、

       

      半ばイタズラ電話のつもりで、みんなのいる車内から彼女に電話をしてみました。

       

       

      岡山大学競技ダンス部

       

       

      いきなり電話をかけて、「今から玉島の山奥に来て!」と言う私に対し、

       

      「今、子供たちの通知表を書いてます。終わったら行きます!」だって!?

       

      どう思う?何か自分の影響力求心力誤解しそうになりましたが…(笑)

       

       

      私は2012年7月29日に清心温泉再開させましたが、続く2回目情熱営業の時、

       

      当時、女子大生だった彼女(下記写真中央)が入浴に来てくださり、そこから常連客になり…

       

      大学卒業後は、私の暮らす倉敷市玉島小学校教諭を務め…全てが運命的です!

       

       

      小学校教諭のお客様

       

       

      つまり私が清心温泉再開させてから、初めて来てくれた女子大生が彼女です。

       

      さらに運命的だったのは、2017年11月3日の清心温泉全焼火災の時も、

       

      偶然子供達引率して火災現場周辺を歩いていたという彼女…

       

       

      この後、子供達岡山駅西口で見送り、火災現場まで戻って来てくれた彼女…(涙)

       

      このように偶然にも、彼女も大学院生の彼も、あの日、清心温泉周辺にいて、

       

      全焼火災現場を見てしまったわけで…若者達「辛い思い」をさせました。

       

       

      常連客の女性教諭

       

       

      続いて、これまでお世話になったファジアーノサポーター二人(下記写真)も、

       

      それぞれ岡山市内から玉島まで来ていただき、私のテンション急上昇

       

       

      下記写真左の方は、清心温泉情熱営業中は、道行くファジアーノサポーターに、

       

      猛烈「呼び込み」をしてくれたり、火災後も、何かイベントがあるたびに、

       

      「差し入れ」をいただいてきましたが、を合わせるのは約1年ぶりであります!

       

      電車に乗り「生まれて初めて新倉敷駅に来た」という彼を、私が迎えに行きました!

       

       

      ファジアーノサポーター

       

       

      また上記写真右の彼は、花園ラグビー場まで玉島高校グッズを買いに行ってくれたり、

       

      さらには火災後の私に「清心温泉ブログを続けてほしい」という、

       

      情熱メールをいただき、時には情熱の間宿泊していた私に朝食を届けてくれたり、

       

      あの「探偵ナイトスクープ」収録(下記写真)にも来ていただいてました。

       

       

      それにしても、皆様方には久しぶりに電話をかけたわけですが、いきなり私が、

       

      「今から玉島に来て!」と言って、本当に集結するのですから、強烈団結力です!

       

       

      探偵ナイトスクープ

       

       

      さらに、1年以上を合わせていない常連客(下記写真左)にも電話をすると、

       

      「夜に合流します」と言っていただき、本当になつかしい常連客が集結しました!

       

      私はこの5か月間、彼ら清心温泉の常連客らに対し、ずっと罪悪感を持っていました。

       

       

      清心温泉全焼火災の後、常連客が「情熱の間」という「集える空間」を作り出し、

       

      私自身がこの情熱の間によって、精神的にもわれてきたのですが、本年2月4日、

       

      私は一方的情熱の間解体を決め、そこからアメリカラスベガスに逃げました。


       

      杉村太蔵

       

       

      こうして皆様方から一方的「集える空間」を奪ってしまい、もう何もなくなった私…

       

      あれから清心温泉跡地に行くこともなく、休日にはひたすらに出ておりました。

       

       

      に出ても、皆様方への罪悪感が消えることはなく、自分はこの先、何をすべきか?

       

      ひたすら県外に出ながら、次なる「何か」模索しておりました…

       

       

      その一方で、清心温泉跡地コインパーキングになるという話が進み…

       

      そんなある日、自宅の近くに最適な場所があることに気がついたのであります!

       

       

      「情熱の間」跡地

       

       

      そして迎えた今年7月6日。情熱の間解体から5か月経過した7月6日。

       

      甲斐バンド結成45周年を迎え、またも再結成して再始動した7月6日。

       

      真備町を襲った西日本豪雨から、ちょうど1年経過した7月6日…

       

       

      前日に高知県から戻ってきた長男を含め、それぞれが初めて山奥避暑地集結

       

      本当に女性教師マイカーに乗って山奥に現れ、私のテンションマックスへ!

       

       

      「雨が降ろうが 嵐になろうが 俺達の力で

       

       必ず 朝日を引きずり出す! いいね? わかった?」 

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      集まってくれたある常連客を前に、普段は岡山市内高級マンションで暮らしている、

       

      清心温泉第一相談役(下記写真)が大自然の中、乾杯音頭で言い放ちました!

       

      「清心温泉劇場2019は、ここから再出発します!乾杯!」と。

       

       

      光と闇 ふたつの顔を持つ 避暑地の山麓に

       

      本当の仲間たちが たどり着いた

       

       

      果たして 10人の拳が 日本のに 突き上がるのか?

       

      午後6時 ついに 幕は切って落とされた 

       

      10人の拳を 日本のに 突き上げろ!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      何かを 変えるために 明日を 迎えるために

       

      信じあうために しあうために

       

      死にたいほど 生きるために

       

       

      揺れた 揺れた きながら 196円の ぎょうざが 揺れた

       

      きながら ぎょうざを 突き上げた

       

       

      さらに 民衆の「祈り」は 激化する

       

      自らを縛る鎖を 押さえつける重りを

       

      立ちふさがる壁を 全部 残らず 食べつくす!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      ここで私が皆様方に力説しておきたいことがあるのですが、それは今回、

       

      もしもこのイベントを皆様方に対して、一斉メールなどで呼びかけていたら、

       

      誰も「わかりました。今から玉島に行きます」返信してこなかったでしょう。

       

       

      つまり、私の情熱を伝えるためには、それぞれに直接電話するしかなかった。

       

      私がそれぞれに直接電話したから、これだけの仲間が集まったわけで、

       

      日本男性諸君すべき女性に告白する時は、メールではなく肉声だよ!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      最近は企業でも、何でもかんでも大事なことをメールでやりとりしてますが、

       

      私は昔からそういう風潮いで、何でもかんでも直接電話であります!

       

       

      さて、何でも自発的「役割分担」ができているのが清心温泉劇場ですが、

       

      この日も大学院生(下記写真右)が、ナスビ餃子料理してくれたり…

       

       

      さらに下記写真左の常連客が、包丁野菜などを切ってくれたり、

       

      フライパン見事玉子焼きを作ってくれたり…つまり、ここでも何もしない私(笑)

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      そしてになり、私が長男の彼女(下記写真)にいきなり電話をかけると、

       

      「今、バイト中ですが終わったら行きます!」だって!?どう思う?

       

      これまた、何か自分の影響力求心力誤解しそうになりましたが…(笑)

       

       

      バイト先から彼女の自宅に戻るには、この山奥は全くの逆方向になるのですが、

       

      それでも真っ暗山道マイカーで走り、本当にこの避暑地まで来てくれました!

       

      みんなの前では、さんざん私を批判してましたが、来てくれたから許します!(笑)

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      そして深夜0時一年前、あの西日本豪雨真備町小田川決壊した時刻へ…

       

      これに合わせ、数多くの犠牲者をうんだ西日本豪雨「思い」を向けるため、

       

      生ギターを持った女性が一人で現れ…何も知らされていない参加者は、わけがわからず…

       

       

      実は私がにこの企画を思いついたのが、2時間前午後10時でありまして、

       

      船穂町小料理店女将を務めている彼女(下記写真)に、こっそり電話をかけ、

       

      私の企画を伝えると、彼女は「店を閉めたら行きます!」だって!?どう思う?

       

      ここでまた私は、自分の影響力求心力誤解しそうになりましたが…(笑)

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      私が清心温泉再開させたのが2012年7月ですが、彼女も同時期小料理店開店

       

      彼女もまた清心温泉のお客様であり、営業再開直後花束を持って来てくれました。

       

       

      逆に私も仲間と一緒に、彼女の経営する倉敷市船穂町小料理店に通ってます。

       

      私は5年廃業になりましたが、今年7月、彼女の小料理店開店7周年を迎えます!

       

       

      そして深夜0時すぎから、わずか2曲西日本豪雨追悼ライブが行われたのですが、

       

      一年前真備町小田川決壊した、あの時刻まで、アンコールを含め4曲を!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      この西日本豪雨追悼ライブについては、後日のブログで紹介するとして、

       

      我々清心温泉合同キャンプメイン行事は、五右衛門風呂への入浴であります。

       

      そして深夜2時半、我々はさらに山道を登り、五右衛門風呂のある場所へ…

       

       

      そして清心温泉全焼火災から1年8カ月。私は参加者を前に吠えました!

       

      本気で、本気着火しろ! 生きる力に、をともせ!」

       

      えろ! えろ! やし尽くしてしまえ!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      避暑地の山麓に集結した俺たちは 真すぐに生きるとった

       

      みんなの「思い」が ひとつになった 朝日だ!

       

      そして 奇跡は 起きた

       

       

      かつて 全焼火災を起こした 50歳の私は 

       

      昇りくる朝日に向かって きながら 叫んだ

       

      「俺たちを せに してくれ〜!!」

       

       

      こうして、我々がを懸けた第1回清心温泉合同キャンプ成功しましたが、

       

      13時間にも及ぶ大自然との格闘に、疲れ果てた参加者(下記写真)を見よ!

       

       

      2019第1回清心温泉キャンプ

       

       

      さて、すでに高校野球岡山県予選会開幕してますが、今年の私は最後の最後まで、

       

      常連客だった彼(下記写真中央)が在籍している、岡山工業高校応援します!

       

       

      というわけで明日17日、私はマスカット球場に出向いてきます!

       

      なお私の次男も、すでに明日は会社を休みにしており、臨戦態勢に入ってます!(笑)

       

       

      一方ですでに下記写真左の常連客は、甲子園出場たれてしまいました。

       

      いずれにせよ、この夏、清心温泉合同キャンプで、みんなを慰労しますから!

       

       

      清心温泉「最後の入浴」

       

       

      5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

      清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

       


      演題は「夢を持ち続けること」

      0

        清心温泉跡地が今月末、コインパーキングになるという話をブログに書き込めば、

         

        色々と商業的活用しようとしていた、の見えない方々が反応してくださり、

         

        久しぶりにブログアクセス急増しましたが…(笑)そういう事ですので!

         

         

        一方で火災後からずっと、清心温泉復活基金広報担当者(下記写真)として、

         

        今日まで情熱を注いでくれていた彼からは、クレームが届けられました…(泣)

         

        ある意味で、こうした反発の声が出ないと、本当は寂しいわけであります…(笑)

         

         

        清心温泉復活基金

         

         

        彼のように清心温泉存在意識して、マイホーム建設した人や、

         

        清心温泉があるからこそ、マンションの引っ越しを止めた常連客もいます。

         

         

        彼に限らず清心温泉再建を決して諦めることなく、本気模索していた方々には、

         

        あまりに「ちんけな結末」と、報告になったことをお詫びいたします。

         

         

        結局は自分自身が「ありきたりな男」でしかないことを、素直に認め、

         

        それを受け入れたうえで、この先も「恩返し」模索してまいりますので。

         

         

        ナニコレ珍百景

         

         

        さて昨日13日の更生保護市民大会記念講演(下記写真)は大成功でしたよ!(涙)

         

        私の座席の斜め後ろには、清心温泉の常連客も来てくれていて、苦しくないね!

         

         

        「病院を退院する前、この先、この体で生きていくことを覚悟しました」

         

        「退院はゴールではなく、スタートだととらえた」という、彼の言葉

         

         

        今さら何百人聴衆の前で、過去辛い病気の話なんか、したくなかったでしょうが、

         

        決して自分を美化することもなく、最後まで素朴な彼の話には、余計感銘をうけました。

         

         

        更生保護市民大会

         

         

        さて、昨日の開演前。本来は裏方でしかない私は、興味本位で彼の楽屋控室へ…

         

        この日も近鉄帽子汚いジーパンという、自分にとっては正服着用してました。

         

         

        そこへ更生保護団体社会福祉協議会関係者だけでなく、子供会関係者

         

        紅白リボンをつけた倉敷市副市長倉敷市教育長倉敷市議会議長

         

        私の苦手警察署関係者が次々と現れ、講師である彼(下記写真)を激励するわけで、

         

        皆様の私を見る視線「何でこんな男が控室にいるのか?」たいのです(泣)

         

         

        更生保護市民大会

         

         

        本当に倉敷市重鎮が次々と、控室にいる講師の彼に話しかけてきますが、

         

        裏方なのに大きな顔をしている私には、誰も話しかけてきません!当たり前です(笑)

         

        しいので、最後に私の呼びかけで記念撮影(下記写真)をさせてもらいました!

         

         

        人間は誰でも追い風の時はが寄ってきますが、そうでなくなればります。

         

        特に障害者スポーツの場合は、それが露骨であることを私は知ってます。

         

        どうか下記写真の皆様には、引き続き長い目で彼を応援してほしいと願います。

         

         

        更生保護市民大会

         

         

        さて、更生保護市民大会記念講演大成功し、午後8時帰宅した私。

         

        すると次男が「今から俺の友達が玉島に遊びに来るけど?」と言い出し…?

         

        要は「金を出してくれ」「友達を接待してくれ」という意味なのです(泣)

         

         

        すでに社会人である次男。次男の友人社会人になっており、俺に甘えるな!です。

         

        とりあえず次男は、自宅に遊びに来た友人(下記写真左)と一緒に、大雨の中、

         

        近所にある、入浴料900円スーパー銭湯に出かけて行きました。

         

         

        大阪旅行2019

         

         

        それにしても午後8時30分から、こんな大雨の中、なぜわざわざ友達を呼ぶのか?

         

        しかも「特に何もすることがない」と言って、何かを私に期待している次男(笑)

         

         

        おそらく先週6日、自分達が大阪旅行(上記写真)に出かけている時に、親父が、

         

        第1回清心温泉合同キャンプ(下記写真)を開催したことが不満なのでは?

         

         

        気持ちはわかりますが、友達を連れてこられても対応できませんし、

         

        そもそも、次男の友人を私が接待する義務もなく、そんな時間資金もありません!

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        こうして、次男の甘えた要望に対し、知らん顔して自宅にいた私ですが、

         

        連れてきた友人というのが、次男の関西高校ラグビー部チームメイトであり、

         

        さらに言えば、ラグビー部員の中でも、最も清心温泉に通ってくれた常連客でした。

         

         

        さらに言えば、昨年11月、高校生最後の大会となる花園予選会が行われましたが、

         

        次男と彼の二人だけは、最後まで試合に出ることもなく、水くみ係でありました。

         

        何となく、そういう事を思い出し、大雨の中、私は立ち上がることを決めました!(笑)

         

         

        関西高校ラグビー部

         

         

        彼ら二人がスーパー銭湯に行っている間、私は一人で買い物に出かけ、色々と手配し、

         

        目的もなくスーパー銭湯から戻って来た二人に向かって、私は言いました!

         

        「今から山奥に行って、しゃぶしゃぶ祭りを開催するぞ!」と。

         

         

        呆然とする次男の友人とは対照的に、かせて満面笑みを浮かべる次男…

         

        もしかして次男は、熱狂的私のファンなのでは?そんな気がしてきました(笑)

         

        こうして、ついに!「日本一の不良親父」が、情熱的に動き出したのであります!

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        私は結婚した後、長男が生まれ、長期ローンを組んで自宅建設した時から、

         

        とにかく「自宅で寝るのが大嫌い」で、まさに「日本一の不良親父」です!

         

         

        そして大雨の中、午後10時から山奥避暑地(上記写真)に彼らを連れて行き、

         

        私が買ってきた料理を並べ、3人で「しゃぶしゃぶ祭り」開催したわけです。

         

         

        この日も私は一週間前同様、「雨が降ろうが、嵐になろうが、俺達の情熱で、

         

        あの空から、必ず朝日を引きずり出すぞ〜!」と、吠えておきました(笑)

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        そして午後11時30分、さらに五右衛門風呂のある山奥へ登っていく我々。

         

        先度、スーパー銭湯に行ったばかりの二人も、の中、山道を登っていくわけです。

         

        も持たない我々は豪雨直撃されるわけですが、それでも山奥に向かって行きます。

         

         

        五右衛門風呂寝室のある目的地到着した時には、全身ずぶ濡れの我々(笑)

         

        ここから、先度、スーパー銭湯に行ったばかりの二人(下記写真)が、豪雨の中、

         

        必死になって五右衛門風呂を沸かしていくわけですが、これが感動体験ですよ!

         

         

        2019第2回清心温泉キャンプ

         

         

        上半身裸になり、大声を出して友人応援するだけの次男。何もできません(笑)

         

        父親と同じで、何ら戦力にならない、ただの応援隊なのですが、情熱だけはあります!

         

         

        一方、次男の友人知恵創意工夫で、ひたすら実務的作業を続け、着火から45分

         

        豪雨に打たれながら五右衛門風呂が沸きあがり…そして今回も一番風呂は私(笑)

         

         

        誰もいない真夜中山奥で、全身ずぶ濡れ45分間悪戦苦闘しながら、

         

        ようやく五右衛門風呂入浴できた我々。この風呂も、我々の情熱で沸かせたものです!

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        風呂上がりに、しばらく談笑した我々ですが、次男の友人(上記写真)が私に言った。

         

        「僕は毎日、機械に囲まれた仕事をしてます。だから休日は車に乗って、

         

        自然を探してます。そんな時、こんな場所に連れて来てもらって…

         

        虫とカエルの鳴き声しか聞こえないなんて…感動です」…どうよ?どうよ!

         

         

        先週6日の第1回清心温泉合同キャンプ参加した方々からは、この避暑地について、

         

        「場所の写真は未公開にすべき」という意見が出ましたが、あまりに感動的で、

         

        私も皆様方に自慢したいので、昨夜の寝室(下記写真)だけ公開させてもらいます!

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        こうして今朝午前9時まで熟睡した我々ですが、とにかくしくて快適なんです!

         

        そして我々の情熱が、この日も朝日を引っ張り出し、私はここから職場直行

         

         

        一方の彼ら二人は、関西高校ラグビー部後輩達練習試合応援するため、

         

        今朝から瀬戸大橋を渡って、香川県坂出市に向かって出発しました。

         

         

        3年間関西高校ラグビー部所属しながら、最後も試合に出ることのなかった二人。

         

        それでも社会人になった今も、後輩達応援に出向いていることは共感できます。

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        こうして、更生保護市民大会記念講演大成功した昨日の夜も、

         

        私は避暑地宿泊しましたが、寝室には「夢」と書かれた掛け軸(下記写真)が…

         

         

        思えば、偶然にもこの日、記念講演講師を務めた近所に住む青年演題は、

         

        「夢を持ち続ける そして あきらめないこと」でありました。

         

         

        もはや個人的な欲求のない50歳の私にとって「夢」とは何か?考えてしまいますが、

         

        とりあえず関わる人々ワクワク感を与え、良き仲間良き時間を過ごすことかな…

         

         

        2019第1回清心温泉キャンプ

         

         

        5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

        清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

         

        岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
        岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
        タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
        夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

        探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
        ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

        なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
        時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
        プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
        宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
        スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

        寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

        KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
        岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
        とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
        玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

        広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
        杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
        リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
        旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
        泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

        小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

        京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

         

         


        色々と動き出す2019年の夏

        0

          さあ、私が勝手承諾した、更生保護市民大会記念講演が迫ってまいりました!

           

          とりあえず皆さん、13日土曜日の14時30分ライフパーク倉敷で会いましょう!

           

           

          第69回社会を明るくする運動「更生保護市民大会」

          7月13日(土曜日)14時30分 会場・ライフパーク倉敷

           

          演題を持ち続ける そして あきらめないこと

                         〜パラアーチェリーとの出会い〜」

           

          私も何かまた、彼(下記写真左)の講演から情熱をもらえるような気がします。

           

           

          アーチェリー世界大会優勝

           

           

          ちなみに私も人生一度だけ、兵庫県尼崎市トークショーをさせてもらいました。

           

          今から6年前の事ですが、演題「清心温泉の奇跡」だったように思います。

           

           

          結局は、当時中学生だった清心温泉の常連客(下記写真)を応援弁士として招き、

           

          最終的には満員会場に包まれたわけですが、その時の中学生講演内容が、

           

          結果的岡山県中学生弁論大会で、最優秀賞受賞することになるわけです!

           

           

          岡山県中学生弁論大会最優秀賞「銭湯から伝えたいメッセージ」

          https://www.youtube.com/watch?v=E2a11B59pOQ&feature=youtu.be


           

           

           

          社会を明るくする運動更生保護と、清心温泉無関係と思われるでしょうが、

           

          清心温泉営業中高倉健さんのポスター(下記写真)を張っていたのを覚えてますか?

           

           

          全焼火災に見舞われるまで、ずっと清心温泉玄関に張り出してましたが、実はこれ、

           

          社会を明るくする運動ポスターでありまして、数年前に、私が頼み込んで、

           

          更生保護団体さんから特別に譲り受けたものです(笑)

           

          つまり社会を明るくする運動更生保護と、清心温泉深い関係があったのです!

           

           

          2015年3周年高倉健ポスタ−

           

           

          私のお気に入りだった、この社会を明るくする運動ポスターには、

           

          「人はみな、生かされて生きてゆく」という文字が書かれておりまして、

           

          私もそれを実感したのは、全焼火災後でありましたが、本当にそう思います。

           

           

          今回の更生保護市民大会記念講演を、勝手承諾した私に言わせれば、

           

          よくありがちな、芸能人高額講演料を支払ってを集めるようなものではなく、

           

          本当の意味趣旨に沿った、地元青年を選んだことは、すでに成功です!

           

           

          ラスベガスナイト

           

           

          もちろん彼(上記写真右)にとっても、人生初となる今回の記念講演ですが、

           

          お互いに倉敷市玉島田舎者であり、人生「やったもん勝ち」です!

           

          彼にも、倉敷商業高校野球部大先輩星野仙一氏情熱が流れています!

           

           

          なお、私の人生最初で最後のトークショーは、聴衆80人満員でしたが、

           

          13日土曜日のライフパーク倉敷は、収容人員400名という大ホールです。

           

          私のトークショーとは、スケールが違うわけですが…(笑)皆さん来てくださいね!

           

           

          大江選手祝勝会

           

           

          さて同じく13日に、長渕剛さんが音楽番組出演して「乾杯」を唄うそうで…

           

          そのこと自体は宣伝する必要のない話題なのですが、私が注目しているのは、

           

          全国数か所中継でつないで、多くの人々が、共に合唱するということ。

           

           

          その中のひとつに岩手県釜石市鵜住居復興スタジアム(下記写真)が含まれていて、

           

          東日本大震災の後、毎年のように定期的にこの場所に通っている私としては、

           

          何か一方的「縁」を感じ、興味が湧いてきたのであります(笑)

           

           

          釜石鵜住居復興スタジアム



          2011年東日本大震災から、ちょうど1年後2012年3月11日

           

          当時、中学生だった私の長男が岩手県被災地(下記写真)に出向きましたが、

           

          ここは中学校だったそうで、下記写真はその跡地を、長男が茫然として歩いてる様子です。

           

           

          実はこの日も、同じ岩手県被災地から長渕剛さんが生出演して、一曲、歌いました。

           

          その後、中学校移転し、この場所ラグビー場建設が進められてきました。

           

          そして、ついに鵜住居復興スタジアム完成し、今年はワールドカップもあります!

           

           

          東日本大震災

           

           

          すでにラグビーワールドカップ開幕まで3カ月を切り、みんなで盛り上がりたい!

           

          いよいよオールジャパン始動するわけですが、まずは7月27日土曜日に、

           

          岩手県釜石市鵜住居復興スタジアム(下記写真)で、初の対外試合が行われます!

           

           

          この日、日本代表フィジー代表練習試合を行いますが、弊社会長尽力により、

           

          私もこの試合入場券入手することができました(涙)

           

          とにかく弊社会長感謝し、友達日本代表スタート応援してまいります!

           

           

          釜石市のラグビー場建設

           

           

          というわけで、今月末29日には清心温泉営業再開から7周年をむかえるわけですが、

           

          どうやら今年の記念日は、岩手県東京で過ごすことになりそうです。

           

          「ALL清心温泉2012〜2018」

          https://www.youtube.com/watch?v=j_sNiwppick&feature=youtu.be

           

           

          ちなみに13日の音楽番組13時間もあるそうで、長渕剛さんだけでなく、

           

          結成45周年を迎え、先日から再始動した甲斐バンド出演するそうです。

           

          https://www.youtube.com/watch?v=BgBi_6TfHVQ

           

           

          ハ−ドロックカフェ

           

           

          さて、私や長男が第1回清心温泉合同キャンプ開催した先週末、

           

          次男は高校時代ラグビー仲間(下記写真)と、大阪旅行を楽しんだそうで…

           

           

          そこでもきちんと「旅先銭湯」実践したようで、まず初日6日の夜は、

           

          今回も宿泊先である西成にある、和光浴場さんに出向いたそうで、よろしい!

           

           

          そして翌7日は、神戸芦原温泉に立ち寄ったそうで、最低限礼儀です(笑)

           

          神戸芦原温泉ブログ

          https://ameblo.jp/kobe-ashihara-onsen/

           

           

          大阪旅行2019

           

           

          さて、先ほど運転免許取得した次男が、初めてマイカー運転すると聞き、

           

          助手席乗車し、地元玉島海水浴場までドライブにつきあってまいりました。

           

          月明りに照らされた夜の海に、次男と行っても、何の色気もありませんが…(笑)

           

           

          そこで私は今から32年前、同じように私の父親助手席に乗ってくれたこと、

           

          それで自信を深め、毎日のように宇野港まで一人ドライブしてた事を思い出しました。

           

          いつの日か次男もきっと、今夜の海水浴場へのドライブを思い出すことでしょう。

           

           

          社会人初日の次男

           

           

          こうして私が清心温泉再開させた時は、内向的小学6年生だった次男ですが、

           

          お客様方によって人格まで変えていただき、何から何までお客様にお世話になりました。

           

           

          節目節目は全てお客様方に助けてもらいながら、今では普通の社会人を気取ってます(笑)

           

          いつか時間のある時に、次男の甘えた人生全容を、このブログで公開しますので!

           

           

          さて、そろそろ高校野球岡山県予選会開幕しますが、今年の私は最後の最後まで、

           

          常連客だった彼(下記写真左)が在籍している、岡山工業高校応援しますので!

           

           

          清心温泉副社長

           

           

          さて、今月末には清心温泉跡地が、どうやらコインパーキングになるようで、

           

          これについても皆様方に、一度はきちんと報告したいと思います。

           

           

          何か最もありきたりな「つまらない結末」になったと自負していますが、

           

          今の私は、大自然に囲まれた清心温泉合同キャンプ情熱が向かってます!

           

           

          すでに県外在住の常連客を中心にした計画を進めており、要は場所が変わるだけで、

           

          私たち二宮親子が持っている「おもてなしの心」は、消滅してませんし、

           

          今では倉庫に眠っている清心温泉看板(下記写真)も、いつか出番がきますよ!

           

           

          情熱の間の最後の宴会

           

           

          5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

          清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

           

          岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
          岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
          タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
          夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

          探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
          ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

          なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
          時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
          プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
          宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
          スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

          寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

          KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
          岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
          とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
          玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

          広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
          杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
          リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
          旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
          泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

          小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

          京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

           


          やはり「夢」を持ち続けることが大事

          0

            さて大反響をいただいた、第1回清心温泉合同キャンプの話はまた後日にしますが、

             

            すでにタイ韓国にいる常連客らとも連絡をとり、次回の日程調整をしてます。

             

            とりあえず、お世話になった常連客の方々には一度玉島に来ていただきたい。

             

             

            先週の合同キャンプでは「生まれて初めて新倉敷駅に来た」という仲間も多く、

             

            実は弊社社長玉島商工会議所会頭を務めており、私自身も今後は、

             

            「玉島の活性化」にも役立つよう、どんどん皆様方を玉島に呼び込もうと思います。

             

             

            2019第1回清心温泉キャンプ

             

             

            さて第1回岡山ぎょうざ祭りが終わった後、主催者でもある二人(下記写真)から、

             

            それぞれ、お詫びの電話をいただきましたが、色々と苦情対応しているそうで…

             

             

            私が行った初日の金曜日も、予想以上群衆であふれ、会場パニックでした。

             

            私も前売り券を持ちながら、ぎょうざ1個だけにして、その場を去りました(泣)

             

             

            私が諦めて帰るころには入場規制が行われ、彼らも苦情対応してました…

             

            私と同じような方が苦情を言ってましたが、どうか彼らを許してやってほしいと思います。

             

             

            うらじゃ実行委員会

             

             

            不平不満を言う方の主張正論でしょうが、イベントとは「事件」意味します。

             

            さらに第1回目企画ですから、想定外ハプニングが起きて当然であります。

             

            最近はすぐに被害者になりたがる人が多く、逆に「自己責任」という言葉を知らない。

             

             

            私は前売り券無駄になっても、若者に対して、自分の損得勘定でものを言うような、

             

            卑しい中年にはなりたくない。すぐ「お金が損した」被害者面するだけではなく、

             

            これが真備町復興支援に役立つと考えれば、黙っておくくらいのが欲しいです。

             

             

            第1回岡山ぎょうざ祭り

             

             

            そもそも「ぎょうざ」なんて、いつでも、どこでも食べられるわけだからね!(笑)

             

            それにしても、彼らと私は1年前清心温泉クラウドファンディング挑戦し、

             

            共に「負け組」になったわけですが、彼らはそれを教訓自立しました。

             

             

            あれから一年…彼らは3日間45,000人もの人間を動かしたわけで、素晴らしい!

             

            一方の私は彼らに刺激を受け、翌6日には山奥10人仲間を呼び出したわけで…(笑)

             

            私は今後も、彼らのような「大きな事」はできませんが、中年の味を出していきますよ!

             

             

            2019第1回清心温泉キャンプ

             

             

            さて、第1回清心温泉合同キャンプ成功させた私は、9日の火曜日、

             

            清心温泉相談役2人と、久しぶりに倉敷市「戎湯」(下記写真)に行きました。

             

            「レトロ銭湯へようこそ西日本版・清心温泉特集号」

            https://www.amazon.co.jp/dp/4864032440/

             

             

            我々が愛読している銭湯本「旅先銭湯」でも紹介されていて、我々にとっても、

             

            近場体験できる「旅先銭湯」でありまして、入浴後倉敷駅前で飲みました!

             

            岡山県中学生弁論大会最優秀賞「銭湯から伝えたいメッセージ」

            https://www.youtube.com/watch?v=E2a11B59pOQ&feature=youtu.be

             

             

            倉敷「えびす湯」

             

             

            あの記念すべき第1回清心温泉合同キャンプに、第一相談役(上記写真右)は誘い、

             

            逆に第二相談役にはをかけなかった私…その区別理由は何なのか?

             

             

            私は清心温泉合同キャンプの前日、岡山ぎょうざ祭りの初日に参加したのですが、

             

            あまりの群衆に弾き飛ばされる中、会場中央座席では第二相談役(下記写真左)が、

             

            職場同僚らと、ぎょうざビールを楽しんでおられました。これに嫉妬した私。

             

            ここで富裕層庶民「格差」を感じ、彼を合同キャンプには呼びませんでした(笑)

             

             

            倉敷「えびす湯」

             

             

            なお、私が着用している近鉄バファローズTシャツ(上記写真)は、

             

            先日7日に、次男が大阪土産として買ってきてくれたもの。いい息子です!(笑)

             

             

            なお、この夜は清心温泉復活基金「残金」返金方法活用方法について、

             

            2人相談役と話し合いましたが、今後もブログ上で情報公開しますので。

             

             

            さて本日のブログでは、今年2月、私がアメリカラスベガス同行した、

             

            障害者アーチェリー競技日本ランク第6位の彼(下記写真)について紹介します。

             

             

            ラスベガスのホテル

             

             

            そもそも、私の近所に住んでいる彼に対して私は、昨年10月、彼が出場するという、

             

            福井元気しあわせ大会応援に出向くという約束をしました。

             

            しかし直前になって、私が地元田んぼ転落し…救急車で運ばれ入院…(泣)

             

             

            そこで彼に「次の大きな大会は絶対応援に行くから!」と謝ると、

             

            「次はアメリカラスベガスの国際大会に挑戦しますよ!」と告げられ…(笑)

             

            言ってみれば、田んぼ転落したからこそ、ラスベガス出張実現したわけです。


             

            アメリカラスベガス

             

             

            そして彼は国際大会初出場で、最終日3日目逆転優勝をはたすわけですが、

             

            倉敷市玉島田舎町から出てきた彼が、アメリカンドリーム実現したわけです!

             

            最終日の前夜、彼は私の部屋に来てくれて、1時間以上、色々な話を聞かせてくれました。

             

             

            何となく私は、彼との会話で、ひたすらフィーリングだけで生きてきた自分に気づき、

             

            そのくせ徹底した「負け癖」が染みついている気がしましたが、彼の発言を聞いていると、

             

            逆に私自身は「本当の負け」を知らないのでは…?と思えてきました。まだ甘いのです。

             

             

            アメリカのダンサー

             

             

            そして日本帰国した私に、清心温泉復活基金でもお世話になった、

             

            倉敷市更生保護司会会長さんから電話が入り、自宅に呼んでいただきました。

             

            用件「彼に記念講演の講師をお願いしたい」という相談でありました。

             

             

            言うまでもなく、このような企画彼本人(下記写真左)が判断する話ですが、

             

            何かを勘違いしていた私は「いいでしょう!彼にやらせましょう!」即答(笑)

             

            そしていよいよ、その更生保護記念講演会が、今週13日土曜日に迫ってまいりました。

             

             

            アーチェリー世界大会優勝


             

            私が即答した理由は、更生保護というテーマと彼の生き方リンクしたからです。

             

            更生保護とは、を犯した人の更生を後押しするわけですが、彼が障害を負った後、

             

            すぐさま未来視線を向け、新たにアーチェリー挑戦した姿手本になります!

             

             

            そして今回、彼の講演会会場上映する映像と、彼の紹介文を私が担当します。

             

            13日土曜日の14時30分、皆さんもライフパーク倉敷に来てください!

             

            そこで本日のブログでは以下、彼の紹介文をそのまんま引用させていただきます。

             

             

            自由の女神

             

             

            彼は倉敷市玉島道口にある老舗呉服店の長男として生まれ、現在31歳


            地元ルンビニ保育園から富田小学校玉島北中学校に進み、

             

            玉島北中学校時代本格的野球を始めました。

             

             

            そこから倉敷商業高校進学し、野球を通じてたくさんの仲間に恵まれ、

             

            高校卒業後倉敷市内企業就職。また地元富田秋祭りでは、

             

            青年団代表を務め、消防団にも加わるなど精力的活動してきました。

             

             

            アーチェリー大江選手

             

             

            その間、結婚二人子供に恵まれ、充実した日々を送る中、

             

            今から4年前3度目となる脳出血で倒れ、右半身障害が残りました。

             

            その後、勤務先を現在の玉島支所に移し、市民課窓口業務などに追われています。

             

             

            3度目となる脳出血で倒れた直後、自らアーチェリー競技を見つけ出した彼は、

             

            を引くというスタイルで、驚異的スピード結果を残していきます。

             

             

            ベガスシュート2019

             

             

            彼がアーチェリーを選んだ理由のひとつに、

             

            「健常者とも対等に戦かってみたい」という、彼の冒険心があります。

             

             

            右手の代わりに、を引くというスタイルの彼は、ハンディのない世界で、

             

            健常者対等勝負できるアーチェリー選択しました。

             

             

            そして健常者大会にも積極的に出向き、健常者より好成績を残すことで、

             

            自分を含めた障害者スポーツ存在感を示しています。

             

             

            グランドキャニオン

             

             

            彼の実力全国的に認められたのは、昨年10月(下記写真)、

             

            福井県開催された全国障害者スポーツ大会アーチェリー競技

             

            コンパウンド30メートルダブルラウンド大会新記録更新見事優勝

             

             

            その後も、近隣で行われる障害者大会だけでなく、

             

            健常者大会にも積極的参加し、常に自分の実力を試しています。

             

             

            大江君福井で優勝

             


            この後、常々「健常者の中で自分を試したい」というチャレンジ精神を持つ彼は、

             

            島根県開催される健常者による中国大会出場

             

             

            全国大会出場経験を持つ、実績ある健常者らがを連ねる中、

             

            ここでも周囲予想を覆し、見事、自己ベスト記録優勝を果たしました。

             

             

            「この大会が一番自信になった」にする彼ですが、

             

            すぐさま次なる大きな目標設定し、今年2月、初の国際大会出場決意します。

             

             

            東京の夜景

             

             

            彼が下した決断は、アメリカラスベガスで毎年開催されている、

             

            アーチェリー国際大会への参加です。

             

             

            50年以上前から毎年開催され、プロの選手や障害者まで

             

            4,000人近くが参加する国際大会への挑戦決意しました。

             

             

            そしてアメリカラスベガス3日間試合を行い、最終日の3日目、

             

            前年優勝アメリカ人女性日本代表強化選手でもある強敵を抜き去り、

             

            見事、初参加初優勝という快挙を成し遂げました。

             

             

            大江選手祝勝会

             


            こうして彼が結果を残すにつれ、

             

            周囲では日増しに東京パラリンピック出場への期待が高まっていますが、

             

            現実は、そう簡単ではありません。

             

             

            すでに本格的パラリンピックを目指す選手たちは、

             

            企業とのスポンサー契約を結び、そのための環境が全て用意されています。

             

             

            一方、どの組織にも属さず、あくまで仕事競技両立を目指している彼は、

             

            試合にかかる旅費を含め、全て自己負担であり、満足練習場確保できていません。

             

             

            アーチェリー国際大会優勝

             

             

            それでも彼はあえて、この悪条件を楽しみながら結果を出すことに挑戦しています。

             

            今年に入り、障害者アーチェリー競技日本ランク第6位にまで上昇した彼。

             

            常に彼は「結果にこだわりたい」にしながら、向上心維持しています。

             

             

            その一方、ある意味では右半身障害を含め、「結果」以上に、

             

            全ての現状を楽しもうとしています。

             

            そんな彼を支えているものは、周囲からの期待感だと言います。

             

             

            大江選手祝勝会

             

             

            周囲からの大きな期待感を、自らの「やりがい」に変え、彼は「今」

             

            東京パラリンピック出場という、明確「結果」に縛られることなく、

             

            さらに未知なる世界に出向いて行こうとしています。

             

             

            全ての現実を前向きに受け止め、常に自分を試そうとする冒険心を持つ彼の視界には、

             

            無限の可能性が広がっています。

             

             

            大江佑弥選手

             

             

            それでは皆さん、13日土曜日の14時30分ライフパーク倉敷で会いましょう!

             

             

            第69回社会を明るくする運動「更生保護市民大会」

            7月13日(土曜日)14時30分 会場・ライフパーク倉敷

             

            演題を持ち続ける そして あきらめないこと

                           〜パラアーチェリーとの出会い〜」

             

             

            私もつい先日、やっと「ここにお風呂を作りたいな〜」というが沸いてきました。

             

            過去執着して被害者面するよりも、明日に向かってを見た方が健康的です。

             

            私も何かまた、土曜日の彼の講演からヒントをもらえるような気がします。

             

             

            アーチェリー世界大会優勝

             

             

            5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

            清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

             

            岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
            岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
            タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
            夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

            探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
            ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

            なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
            時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
            プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
            宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
            スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

            寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

            KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
            岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
            とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
            玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

            広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
            杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
            リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
            旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
            泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

            小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

            京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

             


            その日 10人が奇跡を目撃した

            0

              2019年 夏

               

              清心温泉の全焼火災から1年8カ月、情熱の間の解体から5カ月、

               

              あの西日本豪雨災害から ちょうど一年…

               

               

              ひとりの男が を懸けて 本当の仲間たちと創り上げた「命の祭典」

               

              これは45,000人を動員した、第1回岡山ぎょうざ祭りの話ではない。

               

              https://www.youtube.com/watch?v=3ePZwi4c0GA

               

               

              第1回岡山ぎょうざ祭り

               

               

              ひとりの男が を懸けて 10人の仲間たちと創り上げた 命の祭典

               

              その日 10人が 奇跡を 目撃した

               

              これは もはや キャンプではない

               

               

              あの西日本豪雨災害から ちょうど一年 だからこそ 男は言った

               

              「雨が降ろうが 嵐になろうが 俺達の力で

               

               必ず 朝日を引きずり出す! いいね? わかった?」 

               

               

              第1回岡山ぎょうざ祭り

               

               

              光と闇 ふたつの顔を持つ 避暑地の山麓に

               

              本当の仲間たちが たどり着いた

               

               

              果たして 10人の拳が 日本のに 突き上がるのか?

               

              「Woo 清心温泉 Where are you going?」

               

               

              午後6時 ついに 幕は切って落とされた

               

              10人の拳を 日本のに 突き上げろ!

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              何かを 変えるために 明日を 迎えるために

               

              信じあうために しあうために

               

              死にたいほど 生きるために

               

               

              揺れた 揺れた きながら 196円の ぎょうざが 揺れた

               

              きながら ぎょうざを 突き上げた

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              さらに 民衆の「祈り」は 激化する

               

              自らを縛る鎖を 押さえつける重りを

               

              立ちふさがる壁を 全部 残らず ぶっこわす

               

               

              深夜2時半 ついに 五右衛門風呂のある 山奥へ…

               

              そこで 全焼火災の責任者である男が 吠えた!

               

              本気で、本気着火しろ! 生きる力に、をともせ!」

               

               

              えろ! えろ! やし尽くしてしまえ!

               

              果たして 俺たちは「明日」を 掴めるのか?

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              避暑地の山麓に集結した俺たちは 真すぐに生きるとった

               

              「寂しさに涙するのは お前だけじゃねぇ」

               

               

              みんなの「思い」が ひとつになった 朝日だ!

               

              そして 奇跡は 起きた

               

               

              日本銭湯業界 史上初10人オールナイト五右衛門風呂

               

              今ここに 堂々と ついに完成!

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              2019年 夏

               

              ひとりの男が を懸けて 本当の仲間たちと創り上げた「命の祭典」

               

              その日 10人が 奇跡を 目撃する

               

               

              かつて 全焼火災を起こした 50歳の男は 

               

              昇りくる朝日に向かって きながら 叫んだ

               

              「俺たちを せに してくれ〜!!」

               

               

              おかげさまで昨日のブログ記事を公開してから、大反響をいただいています。

               

              あれから1年8ヶ月経過し、何かようやく「恩返しの場」ができたような気もしますが、

               

              まずは土地所有者の方々との信頼関係を深めるところから、じっくりいきたいと思います。

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              とりあえず私が自尊回復のために決行した、第1回清心温泉合同キャンプですが、

               

              この13時間にも及ぶ清心温泉劇場は、本当に数々のドラマがありました。

               

               

              何より私の企画賛同していただき、遠くから集結してくれた10名参加者にも、

               

              それぞれ運命的タイミングが隠されておりまして、これこそがドキュメントです!

               

               

              なお、これら13時間に及ぶ、清心温泉劇場2019舞台裏につきましては、

               

              明日以降のブログで紹介するとして、近日中にまた開催しますから、皆さんも準備して!

               

               

              2019第1回清心温泉キャンプ

               

               

              5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

              清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

               

              岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
              岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
              タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
              夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

              探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
              ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

              なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
              時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
              プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
              宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
              スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

              寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

              KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
              岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
              とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
              玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

              広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
              杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
              リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
              旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
              泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

              小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

              京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

               


              再始動!清心温泉劇場2019

              0

                私がそれを決断したのは6日の昼でありました。そこから清心温泉の常連客らに、

                 

                電話をかけまくったわけです。すでに「過去の人」でしかない私ではありますが、

                 

                いきなり岡山市内の常連客らにをかけて、一体誰が相手にしてしてくれるか?

                 

                 

                別に自分の影響力求心力を試しているわけではなく、私は常に突発的であります!

                 

                電話をかけた相手は、皆さん「えっ!いきなり今日?すぎる!」と言いましたが、

                 

                私はいつでも計画的企画いで、台本のないドキュメントが好きなんです!

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                まず5日金曜日。岡山ぎょうざ祭り参加しましたが、予想以上群衆でありまして、

                 

                結論を言えば、前売り券を持ちながら、ぎょうざ1個だけにして立ち去りました(泣)

                 

                私が諦めて帰るころには入場規制が行われるなど、会場パニックになってました。

                 

                 

                色々と不平不満を言う方も出るでしょうが、イベントとは「事件」意味します。

                 

                さらに第1回目企画ですから、予想以上事態が起きて当然であります。

                 

                前売り券無駄になりましたが、若者損得勘定でものを言う中年にはなりたくない。

                 

                 

                第1回岡山ぎょうざ祭

                 

                 

                こうしてぎょうざ1個だけにして立ち去った私ですが、会場中央座席では、

                 

                清心温泉第二相談役職場同僚らと、ぎょうざビールを楽しんでおられました。

                 

                私はこれを見て、富裕層庶民「格差」を感じましたが、これが現実です(泣)

                 

                 

                また会場では、先日の女子会に呼んでくれた、長男の同級生母親である聖子ちゃん、

                 

                ファジアーノサポーターの方、高校時代に同じ焼肉店バイトしていた同級生

                 

                さらには玉島高校ラグビー部がお世話になった料理店の方(下記写真左)にも遭遇

                 

                 

                岡山市フランス料理店

                 

                 

                それぞれ10秒程度しか挨拶できませんでしたが、皆さん、元気そうでなによりです!

                 

                さて、ぎょうざ1個だけにして立ち去った私は、表町中華料理店に入り、

                 

                店内ぎょうざ全種類注文!そこから本当のぎょうざ祭り開始しました(笑)

                 

                 

                その後は、私が18歳の時にアルバイトしていた表町焼肉「食道園」を訪ね、

                 

                マスターさん達と、久しぶりの対面を果たし、思い出話もさせていただきました。

                 

                ちなみに私が所有していた尾崎豊さんの直筆サインは、こので書いてもらったもの。

                 

                 

                1985尾崎豊大阪球場ライブ

                 

                 

                この後、老舗ラーメン店に行き、そこから代行を呼んで自宅のある玉島に帰りました。

                 

                代行運転手さんが鹿児島県出身という事で、長渕剛さんの話題をしながら1時間

                 

                なんと!岡山市から私の自宅まで、代行料金12.000円ということでありました(泣)

                 

                 

                実は翌6日から次男が、ラグビー部時代同級生大阪に遊びに行くという事で、

                 

                私も大阪同行する予定になってましたが、私が帰宅したのは午前4時でありまして…

                 

                私は大阪に行く資金くし、そのまままで爆睡し、大阪には行きませんでした(泣)

                 

                 

                大阪旅行2019

                 

                 

                そして6日のに目覚めた私は、そこから突発的清心温泉合同キャンプを思いつき、

                 

                いきなり清心温泉の常連客らに「今から玉島に来て!」と、電話をかけまくり…

                 

                実は私はこの5か月間清心温泉の常連客らに対し、ずっと罪悪感を持っていました。

                 

                 

                清心温泉全焼火災の後、常連客が「情熱の間」という「集える空間」を作り出し、

                 

                私自身がこの情熱の間によって、精神的にもわれてきたのですが、本年2月、

                 

                私は一方的情熱の間解体を決め、そこからアメリカラスベガスに逃げました。

                 

                 

                「情熱の間」跡地

                 

                 

                こうして皆様方から一方的「集える空間」を奪ってしまい、もう何もなくなった私…

                 

                あれから清心温泉跡地に行くこともなく、休日にはひたすらに出ておりました。

                 

                 

                に出ても、皆様方への罪悪感が消えることはなく、自分はこの先、何をすべきか?

                 

                とりあえず「風呂のある集える場所を作るしかない」とか、色々と悩んでました。

                 

                 

                そんな中、常連客の皆様方に第1回清心温泉花見会(下記写真)を企画していただき、

                 

                岡山市長さんも来賓として来てくださるなど、久しぶりに再会したわけですが…

                 

                 

                清心温泉花見会と岡山市長

                 

                 

                こうして皆様方に、久しぶりに公の場に呼んでいただきながら、罪悪感は消えず…

                 

                ひたすら県外に出ながら、次なる「何か」模索しておりました…

                 

                そんなある日、自宅の近くに最適な場所があることに気がついたのであります!

                 

                 

                そして迎えた昨日7月6日。情熱の間解体から5か月経過した昨日7月6日。

                 

                甲斐バンド結成45周年を迎え、またも再結成して再始動した昨日7月6日。

                 

                真備町を襲った西日本豪雨から、ちょうど1年経過した昨日7月6日…やりましたよ!

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                集まってくれたある常連客を前に、普段は岡山市内高級マンションで暮らしている、

                 

                清心温泉第一相談役(上記写真)が大自然の中、乾杯音頭で、こう言い放ちました!

                 

                「清心温泉劇場2019は、ここから再出発します!乾杯!」と。

                 

                 

                そして私も皆様方に向かって「雨が降ろうが、嵐になろうが、俺達の情熱で、

                 

                あの空から、必ず朝日を引きずり出すぞ〜!」と、吠えさせていただきました(笑)

                 

                 

                https://www.youtube.com/watch?v=3ePZwi4c0GA

                 

                そして13時間に及ぶ清心温泉劇場2019は、本当に朝日を引きずり出しましたよ!

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                数々の名場面写真がありますが、参加してくれたある常連客達からは、

                 

                「この場所の写真は簡単に公開しない方がいい」という意見が出ましたので、

                 

                しばらくの間、全体がわかる写真は、未公開とさせていただきます(笑)

                 

                 

                なお、私の誘いに対し「今日はぎょうざ祭りに行くから欠席します」などと、

                 

                残念なことを言われた方も多く、それに対抗した我々は、30個196円という、

                 

                超格安ぎょうざ2パック購入し、正真正銘岡山ぎょうざ祭り開催!(笑)

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                なお、この日は時間差3名女性客にも来ていただきましたが、いずれも久しぶりで、

                 

                いきなり私が電話をかけて「今から山の中に来てください!」とお願いすると、

                 

                「わかりました。行きます!」即答してくれた女性ばかり…!?どう思う?(笑)

                 

                 

                何か自分の影響力求心力を勘違いしそうですが、いずれも清心温泉のお客様です。

                 

                我々は決してコンパニオンのように扱ってませんし、あくまで同じ銭湯仲間です。

                 

                それにしてもに呼び出しても、すぐに来てくれるなんて…女性の方が行動的ですね!

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                というわけで、今後も常連客の皆様と、この大自然で過ごしたいと思いますが、

                 

                私の場合は全て突発的であり、つまり自分の気分次第で何でも決める性格なので、

                 

                今後も告知すると思いますが、タイミングとは運命意味しますからね(笑)

                 

                 

                私の長男を含め、私の企画賛同していただき、遠くから来てくれた10名の皆様、

                 

                さらには、土地所有者の方の理解に深く感謝し、素敵星空朝日にも感謝し、

                 

                風情ある場所で、気品ある清心温泉合同キャンプ成功した事を報告しときます。

                 

                 

                2019第1回清心温泉キャンプ

                 

                 

                5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

                清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

                 

                岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
                岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
                タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
                夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

                探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
                ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

                なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
                時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
                プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
                宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
                スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

                寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

                KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
                岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
                とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
                玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

                広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
                杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
                リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
                旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
                泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

                小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

                京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

                 


                | 1/324PAGES | >>


                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << July 2019 >>

                links

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                recommend

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                PR

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM