睡眠10時間!清心温泉西粟倉村劇場

0

    長く議論が続いてきた沖縄県辺野古に昨日、土砂投入されたと聞きました。

     

    私はを痛めてますが、なんで政府はこういう強行的なやり方をするのかな?

     

     

    強者弱者納得させるためには、慎重誠意を示すべきだと思うのですが、

     

    このような機械的トップダウンなやり方は、弱者への「いじめ」にも感じ、

     

    何か同じ国内で、私は極めて悪質なドラマを見せられているように感じます。

     

     

    そもそも政府は、沖縄県民民主主義尊重する気がないのでしょう。

     

    色々な議論はあっていいと思いますが、あまりに強行的なやり方は遺憾です!

     

     

    沖縄県知事選挙

     

     

    身近な話をすれば岡山県内においても、今から20年以上前の話になりますが、

     

    当時の倉敷市長県北にあった私立大学数億円を出し、玉島移転させました。

     

    おまけに数年後には、私立高校までも我が町玉島移転してくると聞いてます。

     

     

    自分の暮らす町に若者が増えることは大歓迎ですが、県北はますます過疎化が進む。

     

    学校側「生き残り」をかけているわけで、仕方ない話ですが、私は釈然としません。

     

    本日はこのような前置きをして、県北でも移住者が増えているという西粟倉村のお話を!

     

     

    岡山県西粟倉村

     

     

    さて、今年は清心温泉再建のために多くの方々を巻き込み、期待を裏切りました。

     

    その中には西粟倉村「ようび」という企業も含まれており、先日、挨拶に行きました。

     

    岡山県西粟倉村「ようび」

    https://greenz.jp/2018/06/26/youbi-2/

     

     

    多くの企業清心温泉再建計画難色を示す中、上記写真の若者達紹介され、

     

    最初は岡山市内に私が一人で出向き、そこで「ようび」部長さん(下記写真右)と会い、

     

    数日後には清心温泉復活基金の皆様が、具体的交渉をしてくれたのですが、

     

    まさに人情だけで、清心温泉再建計画助け船を出してくれたわけです(涙)

     

     

    清心温泉再建プロジェクト

     

     

    上記写真右の部長さん、7月1日に清心温泉跡地で開かれたイベント(下記写真)も、

     

    遠く岡山県西粟倉村から、わざわざ来てくださっただけでなく、

     

    清心温泉Tシャツ清心温泉タオルを身に着け、募金を呼び掛けてくれてました(涙)

     

     

    また、私が清心温泉再建断念したのが今年の7月29日なのですが、実は8月4日に、

     

    私の知らないところで、常連客の皆様やマスコミ関係者の方々が大集合したそうです。

     

     

    私は数日後に、その話を内緒で伝え聞いたわけですが、私が最も驚いたのは、

     

    この「ようび」部長さんまでが、遠く西粟倉村から来てくださっていたそうです!

     

     

    清心温泉跡地イベント

     

     

    この「ようび」さんにつきましては、先日のOHK岡山放送開局50周年の、

     

    ドキュメント「やがて風景になる」を観て、あらためて感動したのですが、

     

    全焼火災に見舞われた後、この不便な田舎200人もの応援サポーターが、

     

    全国から連日駆けつけ、見事に復活を成し遂げた情熱のある企業なのです。

     

     

    私は今年の夏に一人で「ようび」さんに出向き、社長夫婦部長さんと面会し、

     

    清心温泉再建の手助けをお願いしたのですが、結局は私が資金調達失敗

     

    今回は遅ればせながら、その「お詫び」を兼ねて、再び西粟倉村に向かいました。

     

     

    岡山県西粟倉村「ようび」

     

     

    さて12月3日。私は清心温泉クラウドファンディング代表者(下記写真)と、

     

    岡山駅合流し、片道2時間かけて西粟倉村に向かいました。

     

     

    今回の1泊2日行程は全て彼に任せており、何にも予定を知らない私(笑)

     

    おまけに彼が手土産「きびだんご」まで用意してくれていて、本当に助かりました。

     

     

    さて、すでに「ようび」社長さんは全国区になっていて、事前に聞いた話によると、

     

    「西粟倉村には月に4日くらいしかいない」という事で、私は面会は諦めてました。

     

     

    清心温泉クラウドファンディング

     

     

    それもそのはず!「ようび」社長さんは現在、信州大学講師にはじまり、

     

    NPO法人理事社団法人理事別会社取締役などを兼務されてます!

     

     

    これだけ移動日々が続くなら、岡山市姫路市拠点を移すべきでしょうが、

     

    それでも決して西粟倉村を見捨てないところに、とてつもなく好感が持てます。

     

     

    そしてこの日、「ようび」さんを訪問すると、なんと!社長さんが出てきました!

     

    「今日は二宮さんが来るので予定を空けてました」と言われ…?

     

    この言葉は本当なのか?社交辞令なのか?そんなことは別問題で、私は超感激!(涙)

     

     

    岡山県西粟倉村「ようび」

     

     

    社長さんからは火災直後の同じブログ記事を8回も読みましたよ」と、

     

    常に優しい言葉をかけてくださり、さらには色々と共感激励をいただき、最後には…

     

    手術後の私の右肩を激しく叩いていただき、私は顔面からが出るような痛みが…(笑)

     

     

    さて、この日は社長さんと部長さんの二人が出迎えてくれたのですが、社長さんから、

     

    「二宮さんにお願いがある。我々も岡山市内にネットワークが欲しい」と。

     

     

    そこで私がいつもの調子で「任せてください!」と答えると、すかさず社長さんが、

     

    「では今月中旬に部長と店長を岡山に行かせます。対応よろしく!」と…?

     

    私はなぜこの企業急速成長しているのか?その理由が、ここでわかりました(笑)

     

     

    岡山県西粟倉村「ようび」

     

     

    さらに私が衝撃を受けたのは「店長を紹介しときます」と言われ、

     

    我々の前に出てきたのは現役女子大生としか思えない彼女(下記写真右)でした!?

     

    さすがに「えっ?この子が本当に店長なんですか?」とは言えない私(笑)

     

     

    後で聞いた話では、今年の入社したばかりの23歳ということで、

     

    私はこのような大抜擢人事こそが、若者「その気」にさせると学びましたし、

     

    この企業「底知れぬ魅力」を感じてしまいました。ここの社長さん、すげぇよ!

     

     

    岡山県西粟倉村「ようび」

     

     

    そして我々は宿泊先である「元湯」という温泉宿に向かいました。

     

    そもそも私と「ようび」さんを結び付けてくれた若者(下記写真左)の案内で、

     

    色々と西粟倉村観光しましたが、彼もまた脱サラをして西粟倉村移住してます。

     

     

    中には海外から西粟倉村移住し、古民家大改造した方(下記写真中央)もいて、

     

    色々と外国語説明を受けましたが、それを聞いてうなずいている彼ら二人の横で、

     

    さっぱり言葉理解できない私は、一人だけ浮いた存在になってました(泣)

     

     

    岡山県西粟倉村

     

     

    そして夕方には清心温泉復活基金メンバー岡山市内から参加してくれて、

     

    みんなでのんびりと温泉に入り談笑し、私は手術後右肩をゆっくり癒しました。

     

    そして午後6時半からは、早くも大広間「2018清心温泉残念会スタート

     

     

    そこに「ようび」部長さんと23歳女性店長さんも加わっていただき最高潮へ!

     

    とにかく6時半からビール、7時から芋焼酎、8時からはついに日本酒を出し…

     

     

    これまで「いつか一緒に飲みましょう」と言い続けてくれた部長さんも、

     

    この西粟倉村で、まぎれもない「二宮の素顔」を知っていただけたと思います。

     

     

    星野仙一格言29

     

     

    さらに「向かいの古民家に革職人さんがいるので、そこで二次会を!」と…

     

    とてつもなく風情のある古民家(下記写真)で、これまた倉敷市から移住してきた、

     

    若手革職人さんが鍋料理用意してくださり、初対面の我々を大歓迎してくれました。

     

     

    さてこの夜はが降っておりまして、おまけに古民家の周りは深い溝が続き、

     

    真っ暗夜道の中、私は西粟倉村でも転落事故を起こすわけにはいかず、

     

    清心温泉復活基金の方のに入れていただき、彼のにしがみついて歩きました(笑)

     

     

    岡山県西粟倉村

     

     

    さて、ここでは色々な話をしましたが、本当に西粟倉村はいい所でした。

     

    とにかく時間がゆっくり流れていて、清心温泉残念会会場には最適でした。

     

     

    私は帰り道転落事故を避けるため、清心温泉復活基金の彼(下記写真)に、

     

    「俺を傘に入れて安全に連れて帰ってくれよ!」と、しがみついたのですが、

     

    彼からは「私は女店長と一緒の傘で帰りますから」などと意地悪を言われ、

     

    私は本気で慌てて彼のにしがみつき、ようやく無事宿舎にたどり着きました(笑)

     

     

    岡山県西粟倉村

     

     

    さて清心温泉での5年間、私は毎日ブログを書いていたため就寝時間午前4時でした。

     

    しかしこの日、我々が布団に入ったのは午後10時でありまして、おまけに翌朝、

     

    私が起床したのは午前8時過ぎでした。つまり睡眠時間10時間ですよ!(笑)

     

     

    思い返せば一年前の今頃、私は「食べれない、眠れない」という日々が続いてました。

     

    そして今回は「西粟倉村で静養する」ことが最大目的でありましたので、

     

    正に私にとって最高充電時間を過ごすことができました。ここから再び、情熱ですよ!

     

     

    岡山県西粟倉村

     

     

    そして翌日の我々は鳥取県(下記写真)をのんびり観光して岡山へ。

     

    そこで我々は早速、「ようび」社長さんの要望に応えて奉還町商店街を歩き回り、

     

    あらゆる物件を探し、不動産屋に出向いて色々と相談したり…情熱的に歩き回りました。

     

     

    今年、多くの皆様が清心温泉再建のために本気で歩き回ってくれましたが、

     

    あの時、私は何にもしてません(笑)あの時に、今のような情熱があれば…と思います。

     

    そのくせ誰かから「何か」を頼まれると、情熱的に動き回る私…私は自分が好きだな(笑)

     

     

    2018鳥取県

     

     

    さて、本当に来週月曜日に「ようび」部長さんと店長さんが岡山に来ます!

     

    この先の私は「ようび岡山支店長」を目指そうかと考えておりますが…(笑)

     

    この日、私は夜まで対応できませんが、清心温泉復活基金メンバーに任せます!

     

     

    「岡山市進出」視野に入れている「ようび」さんですが、

     

    場所物件案内するよりも、まずは私の財産である大事な仲間達紹介したい!

     

    何にせよ大事なのは「人づきあい」だと思いますので、とりあえず情熱の間で!

     

     

    2017クリスマスイブ

     

     

    5年間、ありがとうございました。いい夢を見させてもらいました。

    清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

     

    岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
    岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
    タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
    夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

    探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
    ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

    なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
    時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
    プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
    宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
    スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

    寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠

    KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
    岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
    とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
    玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 

    広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
    杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
    リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
    旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
    泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

    小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

    京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.14 Friday
      • -
      • 02:30
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      links

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM