あの場所が試合会場になるなんて…

0

    私が突発的にそれを思いついたのは昨日17日の午後8時半。またやりました!(笑)

     

    実は昨日17日、みを訴えると、職場後輩社員から「帰れコール」を浴び、

     

    風邪理由早退させられ、午後からは風邪薬を飲んで、夜まで寝てました。

     

     

    すると午後8時半からは絶好調になり、仕事から戻ってきた次男にを用意させ、

     

    同じ玉島に住む清心温泉関係者2名を呼び出し、キャンプ用テントに乗せ、

     

    近所のスーパー買い物をした後、玉島地区最大観光名所「円通寺公園」へ…!

     

     

    2019円通寺キャンプ

     

     

    この円通寺公園(上記写真)は、かつて良寛さんが修行した場所として知られ、

     

    玉島地区最大観光名所であり、おそらく倉敷市管理しているはず。

     

     

    間違ってもキャンプ場ではありませんが、今月に入り、私は高知県物部川野宿し、

     

    先週末も清心温泉再建予定地野宿…最近は草の上で寝るのが趣味になり…(笑)

     

     

    今回も私の突発的提案賛同してくれた、次男を含む清心温泉関係者3名と、

     

    美しい満月の下、玉島地区水島港夜景が見渡せる場所で、鍋料理を囲みました。

     

     

    2019円通寺キャンプ

     

     

    もちろんこの日も平日ですから、皆さん、それぞれ翌日も仕事があるわけですが、

     

    だからと言ってってくるような常識人は、私の友人にはなれません!(笑)

     

     

    この円通寺公園は、かつて良寛さんが修行した場所であり、50歳になった私も、

     

    もう一度、初心に戻るために、あえてこの場所宿泊し、修行をしたわけです!

     

     

    おまけにこの日、風邪理由会社早退した社員が、自ら修行したわけです!

     

    しかし秋風が吹き、あまりのさを感じた私は、さすがにテント内宿泊しました。

     

     

    2019円通寺キャンプ

     

     

    そして午前6時起床し、後片付けを終えると、それぞれが会社に向かって出勤

     

    つまり本日の私は、円通寺公園風邪薬を飲み、そこから職場出勤してきました!

     

    決して自慢できる話ではありませんが、私はワイルド仲間(下記写真)が大好きです!

     

     

    それでは途中止めになっている「4泊5日の岩手出張」話題をお伝えします。

     

    とりあえず記憶を呼び戻す意味で、過去のブログ記事を引用しますが、あまりに話題が多く、

     

    なかなか最後のジンギスカン料理の話にたどり着きません(泣)

     

     

    2019円通寺キャンプ

     

     

    7月26日の午後、久しぶりに岩手県釜石市到着した、我々岡山県民5名は、

     

    根浜親交会事務局長が、震災後新築した民泊施設夕食会を開いていただき、

     

    そこに根浜親交会会長旅館女将も加わり、お互いに再会を喜びあいました。

     

     

    いよいよ翌日には鵜住居復興スタジアムで、ラグビー日本代表試合が行われます!

     

    あの東日本大震災壊滅的被害にあった場所に、ラグビー日本代表が来るわけです!

     

    そこで旅館女将さん(下記写真中央)から、我々5人に対して相談がありました。

     

     

    釜石市根浜ゲストハウス

     

     

    どうやら女将は、鵜住居復興スタジアム最寄り駅である、鵜住居駅に立ち、

     

    釜石特有大漁旗を振って観客を出迎えたいということでした。しかし人手不足だと…

     

    それを聞いた我々5人は「私達でやりましょう!」と、即答しました。

     

     

    そして我々男性4人は、特別根浜地区集会所(下記写真)に宿泊させてもらいました。

     

    そこには、かつて東北楽天イーグルス監督を務めていた星野仙一氏が、

     

    この根浜地区のために書き上げてくれた「信忍」という文字がありました。

     

     

    釜石市根浜集会所

     

     

    2011年の東日本大震災から1年後、私の長男が「鎮魂バスツアー」に参加。

     

    つまり翌2012年3月11日に長男が釜石市根浜初訪問したのですが、そこから戻ると、

     

    倉敷マスカット球場秋季キャンプをやっていた、楽天星野仙一監督を訪ね、

     

    私が書いた「お願いの手紙」を長男が手渡し…後日、星野監督が書き上げたです。

     

     

    倉敷市玉島地区の我々が、遠く離れた東北岩手県小さな集落支援していて、

     

    それを倉敷市出身東北楽天監督である星野仙一さんが、後押ししてくれる…

     

    何かそれぞれに「縁」を感じた私に対し、星野監督賛同してくれました。

     

     

    東北復興支援

     

     

    ですから私は、このには特別感情があり、この根浜地区に送られてから7年

     

    実は私自身も、新しく完成したこの集会所(下記写真)に入るのは初めてでしたが、

     

    今でも集会所に掲げられている「信忍」を見て、一人で感激したわけです(涙)

     

     

    そして迎えた翌27日。私は弊社女性助手席に乗せ、釜石市内へ向かいました。

     

    この日は市内各所ラグビー日本代表パブリックビューイング開催され、

     

    おまけに非売品ラグビーワールドカップ記念グッズ限定配布されるわけです!

     

     

    釜石市根浜集会所

     

     

    それを知った私も朝6時には起床し、すぐさまイベント会場(下記写真)に行きましたが、

     

    すでに会場周辺には、この日の観戦入場券入手できなかった人たちで溢れてました!

     

     

    こうなると、ワールドカップ記念グッズに入らない危険性があるわけです!

     

    そして慌てて最後尾に並び、ようやくワールドカップ記念グッズにした私(涙)

     

     

    達成感に包まれた私ですが、ここでもB’zラグビー日本代表応援ソングが…

     

    「ゴールはここじゃない!まだ終わりじゃない!」連呼され、

     

    何度も何度も会場を出たり入ったりして、記念グッズをいくつもにしていく私(笑)

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    世間の人から見れば「あつかましい中年」と思われるでしょうが、私としては今回、

     

    一緒に岡山から来ている仲間や、岡山にいるラグビー関係者への土産なんです!

     

     

    こうして私は手荷物では収まりきらないほどのワールドカップ記念グッズ入手

     

    そして午前11時になり、旅館女将さんとの約束を果たすため、鵜住居駅へ。

     

    いよいよ、我々はから出てくる1万人以上観客を、大漁旗を振って出迎えるのです。

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    そして我々は8年前同様、下記写真左の彼をチームリーダーにして、鵜住居駅で、

     

    「ありがとう!ようこそ釜石へ!」と叫びながら、大漁旗観客を出迎えました。

     

     

    すると、この歴史的1日取材しようと、テレビ各局新聞各社が我々のとことに来て、

     

    「この釜石で、ついにこの日を迎えた感想を!?」と迫ってくるのですが、

     

    我々がみんな岡山県民だと知ると、不思議そうなをして、皆さん立ち去りました…(笑)

     

    しかし私は、これこそが「8年間の玉島と根浜のの証」だと実感しました。

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    2011年3月11日東日本大震災で、この地域壊滅的被害にあいました。

     

    私も8年前、今回一緒になった方々とボランティア作業をさせてもらいましたが、

     

    高さ10メートル以上瓦礫の山が続いている光景は、今もに焼き付いています。

     

     

    正直「こんな作業をやっても町は再起不能だろう」と思ってました。

     

    しかし2019年7月27日、新たなラグビー場完成し、1万数千人がそこに集結し…

     

    しかも8年前ボランティア仲間と一緒に、その観客を迎えるなんて…感慨深いです。

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    それではここで、この日取材されたネット記事を、少し引用させていただきます。

     

     

    「本当に来るんですね、ラグビーW杯!

     

    きっと釜石や東北の子供たちの希望になるでしょう」

     

     

    かせながら語るのはW杯試合会場「釜石鵜住居復興スタジアム」の、

     

    近くにある旅館「宝来館」女将さん(下記写真右)。

     

     

    2011年3月。東日本大震災による津波は海岸沿いに建つ「宝来館」を襲った。

     

    女将さんも濁流に飲み込まれたが、従業員に助けられ九死一生を得た。

     

     

    釜石市民宿佐々木

     

     

    「あの震災から2カ月後、見舞いにやって来てくれた

     

    元日本代表のラグビー選手がW杯の話題をしたとき

     

    “釜石でやってけろ”と無意識に叫んだんです」

     

    試合会場誘致奔走した彼女(下記写真中央)は、釜石W杯を呼んだひとり。

     

     

    「ラグビーは被災地での生き方と同じ。1人ひとりが役割を果たして、

     

    みんなが1つなってトライに近づいていく。

     

    世界トップの選手達の活躍が、釜石の子供達を元気にしてくれます」

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    岩手県立釜石高校3年の彼女(上記写真右)も、W杯心待ちにしている1人

     

    小学3年被災し、自宅津波で流された。

     

     

    2015年には“親善大使”としてラグビーW杯ロンドン大会視察

     

    魅了された彼女は「鵜住居復興スタジアム」オープニングセレモニーで、

     

    キックオフ宣言を行った。

     

     

    「W杯に来てくれた観光客に、釜石の魅力“人のさ”を紹介したい」

     

    7月27日に釜石で行われた日本代表フィジーとの熱戦

     

    スタジアムには、釜石W杯を呼んだ2人声援が響いていた。

     

     

    ワ-ルドカップラグビー2019

     

     

    一方前夜、岡山出発したトライアスロン選手6名(下記写真)もようやく、

     

    ノンストップ約15時間かけて、無事釜石市内に入ったと連絡がありました。

     

    この後、我々は一緒にラグビー観戦する予定なのですが、周辺は車両通行止

     

     

    私も「あつかましさ全開」で、何度も警備員らに「特別に駐車させて」と、

     

    お願いしましたが、ワールドカップ主催団体から許可がおりず…断念(泣)

     

    仕方なく、彼らの旅館に停めて、そこから山道を歩いてもらうことに…

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    しかし、考えてみてください!昨夜、岡山出発してから15時間も走り続け、

     

    到着したばかりの彼らを、この炎天下の中、30分近くも歩かせるのか…?

     

     

    駅前に立つ私の視線の先には、震災後新築したばかりと思われる民家がありました。

     

    これはもう、情熱インターホンを押し、を下げ、事情説明するしかない!

     

     

    こうして我々は、スタジアムの近くにある、見知らぬ被災者の方の民家に、

     

    を置かせていただき…(涙)この後の報告会でも、私のこの行動議論になりましたが、

     

    今回の岩手出張で、私は唯一にして最大大仕事をしたと自負してます(笑)

     

     

    ラグビーワールドカップ2019釜石

     

     

    会場に向かう途中、ラグビー日本代表として2度ワールカップ出場を果たし、

     

    晩年地元釜石シーウェーブスで、46歳までプレーした「伝説の男」

     

    伊藤剛臣さん(下記写真中央)を発見!これもまた奇跡的であり、運命的です!

     

     

    私が記念撮影をお願いすると、快く応じていただき…最後は我々に対して大声で、

     

    「一緒にワールドカップを盛りあげましょう!」と、見送ってくれました(笑)

     

     

    鵜住居復興スタジアム

     

     

    さて、私にとって今回の岩手出張で、どうしても再会したい方がいました。

     

    かつて関西高校ラグビー部コーチを務め、私の次男がお世話になりましたが、

     

    それ以上に、清心温泉の常連客として通い続けていただいた恩義がある方です。

     

     

    数年前に岩手県盛岡市転勤になり…つまり清心温泉火災後から会っておらず、

     

    今回、この鵜住居復興スタジアムで、下記写真の彼と再会する約束をしました。

     

    しかし電話は通じても、この大観衆の中で待ち合わせをするのは不可能であり…

     

     

    岡山関西高校ラグビー部

     

     

    こうして面会を諦め、ビールを飲んだ後、会場周辺を歩いていたのですが、

     

    なんと!群衆の中から「二宮さ〜ん!」という、懐かしい声が!(涙)

     

    そのを探すと、まさにかつて清心温泉の常連客だったラガーマンの彼(下記写真右)が!

     

     

    どうやら群衆の中、近鉄帽子発見してくれたようで、本当に近鉄帽子に立ちます!

     

    我々は早速、記念写真撮影しましたが、それにしても、

     

    このタイミング再会するかな…?これもまた奇跡清心温泉劇場でありましょう!

     

     

    ラグビーワールドカップ釜石

     

     

    そして私は偶然にも、私がしてやまない根浜親交会会長隣の席観戦

     

    試合直前B’zラグビー日本代表応援ソング大音量で流れ…私はいた…

     

     

    なぜなら、超満員に膨れ上がった鵜住居復興スタジアムで流れる、

     

    B’z応援ソング歌詞が、ラグビー日本代表選手に向けられたものではなく、

     

    この被災地8年間、ひたすら希望じてえてきたであろう、

     

    釜石市民に向けられているように聴こえたからです。

     

     

    鵜住居復興スタジアム

     

     

    2020年・清心温泉再建計画にご賛同お願いいたします。

    清心温泉番頭 二宮丈晴 090−2807−9184

     

    岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
    岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
    タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
    夜行バス 日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯

    探偵ナイトスクープ 岡山の街角から
    ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

    なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
    時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 
    プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
    宮間あや 吉備国際大学Charme 岡山マラソン  
    スタジオ・ザ・ブ−ン OPG「俺たちプロレス軍団」

    寅さん記念館 山田洋次記念館 阿久悠 カンニング竹山

    KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
    岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
    とりの里 長渕剛 コインパーキング清心温泉 

    テルマエロマエ 玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 
    広島東洋カープ岡山県中央後援会 岡部鮮魚店
    杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
    リトルサンパウロ 中島みゆき 岡山シ−ガルズ
    旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
    泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 

    小島よしお 櫻根座 おかやま街歩きノオト 井亀明彦

    京都「梅湯」 神戸芦原温泉 桜剛会岡山支部

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.17 Thursday
      • -
      • 12:26
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         


      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      links

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM