週末に「最後の御挨拶」させていただきます

0

    もはや失ったものは建物だけではなく、番頭の「人間的信用」でありましょう。

     

    とにかく、みっともないのです。しかし全ては自己責任であります。

     

    この年齢信用を失えば、回復するまでに長い長い月日必要になりますが、

     

    じっくり時間をかけて、誠心誠意、まずは後始末全力でさせていただきます。

     

     

    まずは、本日9日の山陽新聞記事を読んでいただけたらと思います。

     

    http://www.sanyonews.jp/article/625046/1/

     

    このような状況になっても、まだ新聞社が何かを発信してくださることに感謝し、

     

    今週末の二日間、番頭が店頭に立って、皆様方に直接お詫びをすることにしました。

     

     

    近鉄バファローズ西本監督

     

     

    今日まで皆様方に可愛がっていただきながら、あの手この手で呼び込んでおきながら、

     

    一方的廃業することになり、皆様方と会える機会場所も奪ってしまいました。

     

    こうなると、もう二度とお会いできなくなる方も多くおられるわけです。

     

     

    ブログで一方的メッセージを書くよりも、直接お詫びする場面用意するため、

     

    今週末は番頭が店頭に立ちますので、決して無理のない範囲で来てください。

     

    店も番頭も、みっともない姿になりましたが、ありのままの姿で立ってますので。

     

     

    清心温泉火災

     

     

    また、今回の岡山マラソンにおきましても、参加者全員に対し、

     

    ったりマップ」配布され、清心温泉に来られたランナーの方には、

     

    今年もソフトドリンク1本サービスということが明記されています。

     

     

    今年も清心温泉に来ることを楽しみにされていたランナーの方もいたでしょうし、

     

    すでに全国各地から、問い合わせ電話をいただき、我々も楽しみにしておりました。

     

     

    銭湯でありながら「お風呂」は用意できなくなり、意味のない存在になりましたが、

     

    清心温泉に立ち寄られたランナーの方には、お詫びの気持ちも込めさせていただき、

     

    事前通達した通り、ソフトドリンク1本サービス実施させていただきます。

     

     

    火災後の焼鳥テラス

     

     

    これに合わせて、清心温泉の常連客の皆様方も、番頭を後方支援してくださるようで、

     

    ランナーの皆様方などに対し、「いつも通りのおもてなし」企画していただき、

     

    これまで長くされてきた清心温泉焼鳥の、最後の販売を決めました。

     

     

    誤解していただくと困るのですが、決してイベント的にやるつもりはございませんし、

     

    例年のように椅子を増やして、派手に呼び込むようなことは全く考えておりません。

     

     

    あくまで通常営業形態で、「いつも通りのおもてなし」をすることを目的に、

     

    来ていただいた方全員に対しまして、番頭から直接「最後の挨拶」をいたしますので。

     

     

    火災後の清心温泉

     

     

    当初は番頭だけが店頭に立ち、ランナーの方々にソフトドリンクを配る予定でしたが、

     

    すでに電気も使えないような状況の中、清心温泉スタッフ後方支援してくれます。

     

    なぜか幸いに「焼鳥テラス」だけが、原型をとどめているのも運命的だと感じました。

     

     

    清心温泉焼鳥販売につきましては、不謹慎に思われる方も多い思いますが、

     

    今日まで清心温泉を支えてきたボランティアの方々にも「無念の思い」があるわけで、

     

    色々と迷いましたが、あの場所空間は、お客様同士が運営してきたものでありますから、

     

    そういう皆様方の善意尊重させていただくことにしました。

     

     

    清心温泉火災

     

     

    もはやんでしまった銭湯でありまして、残念ながら「お風呂」用意できませんが、

     

    決して感傷的になることなく、番頭がきちんんとお詫びをすることが目的であります。

     

     

    一方で、電気トイレも使えないような廃墟になりましたが、当店を支えてくれていた、

     

    清心温泉スタッフ熱意はおさまることを知らず、正に人々の「思い」は死んでません。

     

     

    というわけで、最初から最後まで自分勝手な、みっともない銭湯で終わりを迎えますが、

     

    今週末の2日間、70年近く営業させていただいた清心温泉最期の営業をいたします。

     

    詳しい営業時間などにつきましては、明日以降のブログでお伝えします。

     

     

    火災後の清心温泉

     

     

    5年間、本当にありがとうございました。いい夢を見せてもらいました。

     

    岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
    岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
    タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
    夜行バス 
    日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯
    ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

    なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
    時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 

    プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
    宮間あや 吉備国際大学
    Charme 岡山マラソン  
    スタジオ・ザ・ブ−ン 岡山商科大学 岡山理科大学

    KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
    岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
    とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
    玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 
    東横イン 岡山ロイヤルホテル 岡山全日空ホテル

    杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
    リトルサンパウロ 中島みゆき 
    岡山シ−ガルズ
    旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
    泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 
    京都「梅湯」 神戸芦原温泉 江津駅前銭湯プロジェクト

     


    真夜中の「蛍の光」

    0

      まずもって今回、清心温泉から火災発生し、全焼という大惨事が起きた事、

       

      周辺住民の皆様をはじめ、大勢の関係者消防署員警察署員救急隊員

       

      日本全国のお客様、いつも見えないところから応援していただいていた皆様方、

       

      ファジアーノサポーターを含めた、多くのサッカーサポーターの皆様方、

       

      岡山マラソン参加予定の皆様に、清心温泉責任者二宮丈晴より、

       

      からお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした

       

       

      中でも、この苦しい状況の中、必死銭湯業を続けておられる皆様方に対し、

       

      結果的清心温泉マイナス要素を付け加えたことは、痛恨の極みであります。

       

      あらためて日本銭湯業界全体に対しましても、深くお詫びいたします。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      本来であるなら1日も早くブログを更新して、お詫びを申しあげるべきでしたが、

       

      あいにく両手の指負傷しており、なかなかパソコン自由に打てません。

       

       

      決して逃げるつもりはございませんので、何とか言葉を打ち込もうと思いますが、

       

      お詫びしたいことや、伝えたいことはたくさんございます。


      しかしながら、もはや言える言葉が見当たらないのが現実であります。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      それでもブログを書くことにしたのは、昨日のフェイスブック上投稿で、

       

      「子供達が番頭の見舞いに行くために病院を探している」というのをにし、

       

      早くブログを再開し、皆様方に近況報告する義務があると感じたからです。

       

      おかげさまで番頭は昨日から職場復帰させていただき、働いておりますので。

       

       

      事故当日「火中の人」ということで、無理矢理救急車で運ばれてしまい、

       

      おまけに強制的入院させられ、さらに携帯電話体の自由を奪われてしまい、

       

      おかげで、その後の事を何にも知らずに翌朝に退院すると「渦中の人」になってました。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      また、お客様方に対し火災発生原因についても説明責任があろうかと思いますが、

       

      すでに現場検証終了し、現在は消防警察に呼ばれ、番頭は取り調べの最中ですので、

       

      はっきりするまでコメントは控えます。

       

       

      事故直後、番頭は「考えられる理由」にしてましたが、業者の証言によれば、

       

      その可能性はなくなり、今では本当に全くわからないのが現状であります。

       

      それとは別に、警察消防に言っても仕方ない話を、またここで書いてみようと思います。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      あの時、「延焼がない事を確認できるまで待って!」と、救急隊員にお願いし、

       

      その後、酸素呼吸器にはめられ、何も喋れない状態のまま救急車で運ばれる途中、

       

      あまりにも自分が無責任な気がして、これほど薄情な男はいないと痛感しました。

       

       

      10代の頃、番頭がよく聴いていた、中島みゆき嬢「仮面」というがあります。

       

      だんだんと思い上がって調子に乗っていく男を、ずっと前から冷静に見ていた女という、

       

      女性目線の曲なのですが、これこそが番頭の正体であり、ここで仮面は外れました。

       

       

      中島みゆきが流れる銭湯

       

       

      おかげさまで1日で退院させていただき、多くの常連客の方に迎えていただきましたが、

       

      すでに番頭と会われた方々は「こいつ全く反省してないな」と感じたかもしれません。

       

      しかし、そこには3つの大きな理由がございます。

       

       

      まずは何より近隣への延焼がなかったことです。それだけを恐れて対応してもらいました。

       

      そして2番目は、幸いにも営業中ではなく、お客様に直接被害が及ばなかったことです。

       

      3番目は、清心温泉劇場終演する場面に、番頭と次男がいれたことであります。

       

      火災原因は今もはっきりしてませんが、他の誰かが原因でなくて本当によかった。

       

       

      もし、この3つの条件の、どれかひとつでも狂っていたら、ブログなど書くこともなく、

       

      昨日の番頭は会社退職金要求し、今日からは離島で一人暮らしを始めていたはずです。

       

      まだ平気な面して、会社勤務できているのも、そのためです。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      さて、番頭は火傷入院させられたわけではなく、一酸化炭素中毒の疑いがあり、

       

      集中治療室個室に運ばれ、酸素呼吸器にはめられ、心電図点滴をつながれ、

       

      両手指先包帯で巻かれ、さらに生命線である携帯電話を奪われてしまいました。

       

       

      しかし、無責任にここで宿泊する気はなく、あくまでも帰らせていただくつもりでした。

       

      その証拠に、まみれのジーパンを着替える事にも抵抗し、そのままベッドに入りました。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      そこへ警察官2名が入って来て、いきなり事情聴取が行われましたが、続いて、

       

      番頭の車のカギを取りに来てくれた清心町の常連客と大学生スタッフが入って来て、

       

      なぜか、ついでに番頭の写真撮影して帰りましたが、どうやら意味があったようです。

       

       

      また家族以外面会禁止の中、真っ先に入ってきたのは番頭の勤務する会社会長さん?

       

      実は数日前の夜、自宅に呼ばれ、自らが再び病魔に侵されたと聞かされたばかり…

       

       

      「今、店の前にはお前の支援者が大勢集まっているぞ!」と教えられ、

       

      さらに「店は全焼した」と聞かされ、絶望しましたが、番頭は泣いている余裕もなく、

       

      とにかく、この病室から脱走したいのですが、にいろいろなものが巻き付いています…

       

       

      清心温泉火災

       

       

      そして午後10時部屋電気も消され、真っ暗になり、そこから夜明けまで…

       

      自分自身の言動態度を含め、反省したり、色々な事を想像したり心配したり、

       

      この先のことを空想したり、自己批判を続けるには十分すぎる時間がありました。

       

       

      当たり前の話ですが、大惨事を起こした夜に一人病室にいれば、なお孤独です。

       

      番頭が横たわるベットの遠く向こう側には、ビニール袋に入れられた携帯電話があり、

       

      真っ暗病室の中、着信メール受信を告げる緑色のランプが、

       

      定期的に光り続け、誰が何を言ってきているのかはわかりませんが、

       

      まるで「蛍の光」のようで、それが明け方まで続き、番頭は孤独ではありませんでした。

       

       

      清心温泉火災

       


      ようやく翌朝午前9時半自由になったのですが、両手負傷しているため、

       

      メールを読むことも、返信することも困難でありました。皆さん、ごめんなさい。

       

      しかし真夜中「蛍の光」は、メールだけでも70通を超えており、嬉しかったです。

       

       

      あれからも多くの方々から電話メールをいただいており、会いに来てくださったり、

       

      本当に心苦しく、何を言われても「申し訳ございません」しか、返す言葉が浮かびません。

       

      特に清心温泉純粋してくれていた子供達を思うと、言葉を失い、も出ます。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      また「あの人がこんな事を言ってた」「こんな事をしてくれた」と、

       

      色々な方から教えていただいておりますし、番頭の留守中自宅へ来てくれた方々など、

       

      皆様それぞれの善意は全て届いておりますし、全てを具体的紹介したいのですが、

       

      番頭の自己弁護利用したように解釈されると反感を買いますので、自粛します。

       

       

      また、あまりに不思議な事ですが、全ての方々に共通していることがひとつだけあります。

       

      それは誰一人として「火災の原因」については、尋ねてこないということです。

       

      何かそこに皆様方の「思い」のようなものまで感じて、本当に恐縮いたします。

       

       

      とりあえず本日は皆様方へのお詫びと、事故当日報告だけをさせていただき、

       

      引き続きブログの方は、しばらくは続けようと思いますので、よろしくお願いします。

       

      今後は地道な作業ですが、終戦処理に対して一生懸命に取り組ませていただきます。

       

       

      清心温泉火災

       

       

      5年間、本当にありがとうございました。いい夢を見せてもらいました。

       

      岡山県 岡山市 岡山駅 銭湯 風呂 風呂屋
      岡山県総合グラウンド シティライトスタジアム
      タマシマン うらじゃ サッカー Jリ−グ
      夜行バス 
      日帰り旅行 岡山観光 レトロ銭湯
      ファジアーノ岡山 ファジ丸 星野仙一記念館

      なでしこジャパン 一刻堂 イ−スタンユ−ス 
      時代カフェBAR ゆすらうめ 近鉄バファローズ 

      プロ野球 広島東洋カープ カ−プ女子 中村あゆみ  
      宮間あや 吉備国際大学
      Charme 岡山マラソン  
      スタジオ・ザ・ブ−ン 岡山商科大学 岡山理科大学

      KAMP ノートルダム清心女子大 わのみんTV
      岡山大学 甲斐バンド スザンヌ 川又堅碁
      とりの里 長渕剛 玉島塗装 テルマエロマエ
      玉島高校ラグビー部 戸高秀樹ボシングジム 
      東横イン 岡山ロイヤルホテル 岡山全日空ホテル

      杉村太蔵 奉還町商店街 ナニコレ珍百景
      リトルサンパウロ 中島みゆき 
      岡山シ−ガルズ
      旺なつき 吉田拓郎 ゲストハウスとりいくぐる  
      泉谷しげる 岡山リビング新聞 ラグビ−日本代表 
      京都「梅湯」 神戸芦原温泉 江津駅前銭湯プロジェクト

       


      営業中止のお知らせ

      0
        本日、 皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、 深くお詫び申し上げます。 落ち着きましたらご報告させて頂きます。 状況が落ち着くまでお時間を頂きます事をお許し願います。

        << | 2/2PAGES |


        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        links

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM